つくば市の塾|理系・医歯薬合格|高校生(中3から可)

スマホ用はこちら

システムを詳しく1 <講師> <曜日・時間・料金> BENBUとは」に戻る


<講師(BENBU部長)> 
西山1人です。

1人で、英語・数学・物理・化学・生物・センター国語・2次現代文・センター地理を指導します。
また、要望に応じ、英検準1級までの指導も併せて行います。1級は受験から外れるので対象外です。
高校3年生に対しては、夏頃から、共通テスト対策や志望校ごとの過去問演習も取り入れていきます。

1人でやっていて、体調を崩したらどうするのか、といった心配もいただきますが、開校前に自身の限界を
試し、どの程度でどういう症状が出てくるか、それにどう対応すればよいかをつかんでいます。
そのうえで、肉体面では治療院やマッサージで頻繁にメンテナンスを受け、健康診断で問題なしを続け、
精神面では瞑想・呼吸法その他で整えています。
体組成計で表示される年齢は実年齢より1周り以上若いです。
これまで数十年の間、休みなしで動き続けてきている実績もあります。
逆に、1人で病気なく継続できる人でなければ、大学受験生を指導する資格はないと考えています。
なぜなら、大学受験においては長期間にわたる心身のコントロールも必須となるからです。
これまでほぼ無休でやってきましたし、これからも年末年始にかかわらずほぼ無休でやり続けますが、
決して無理をしているわけではありません。
受験勉強の必須要素としての自己管理方法も生徒に伝えていければと思います。

アルバイト講師はどうしても無責任になり、時間枠の中だけの仕事となるので、
人生がかかっている高校生の相手をしてもらうことに抵抗があります。
能力面の向上も時間外労働となるため期待できず強制もできません。
定型的な授業をして終わりという形式であればアルバイトも可能ですが、
そもそも授業では実力がつかない(わかった気になるだけ)なので、それもあり得ません。
授業であれば、たとえばスタディサプリで十分です。
高額の授業を受ければ実力が上がると思うのは迷信です。

生徒と同じく、人生をかけて教える気概のある人がいれば一緒にやっていきたいです。
働き方改革という名称での労働時間短縮・賃金圧縮の洗脳が流行している現状では
そうした人は現れにくいかも知れません。
働き方改革は、大企業にとっては人件費圧縮のメリット、観光運送業にとっては利用客増大のメリットが
あるものですが、働くことが悪であるかのように刷り込んでいる点で、日本の将来にとてもマイナスです。
浅知恵政治の極みだと思います。

他塾の中にはGWや年末年始に休みが多い所もありますが、
大学受験生を応援したいのではなく、ただ楽をしながら金儲けをしたいだけなんだなとしか思えません。

<曜日・時間・料金[価格は税込]> 
※従来、同じ金額で税別としていましたが、税込として値下げしました
※曜日で学年を分けていた時期もありましたが、
 学校ごとに進度が異なり、生徒ごとにも進度が異なるうえ、
 週6日コースを選択される方が予想外に多かったため、曜日ごとに学年を分けることを廃止しました。
  メインコース、スペシャルコースの別もなくしました。

 高校1年生
中学生
 週1日   1か月2万円
 週3日(原則として日曜日以外)  1か月3万円 
 週4日(原則として日曜日以外)  1か月4万円
 週6日(原則として日曜日以外)  1か月5万円
 高校2年生  週1日  1か月2.5万円
 週3日(原則として日曜日以外)  1か月4万円
 週4日(原則として日曜日以外)  1か月4.5万円
 週6日(原則として日曜日以外)  1か月5万円
 高校3年生  週1日  1か月3万円
 週3日(原則として日曜日以外)  1か月5万円
 週4日(原則として日曜日以外)  1か月5.5万円
 週6日(原則として日曜日以外)
 1か月6万円

高2、高3で「日曜日のみ」を選択していただけるのは、
平日に来ることができない事情がある方になります。
具体的には都内の私立中高一貫校に通われているとか、自宅が遠いといった場合が該当します。
平日に来ることができる人は、日曜日にしか通えない方のために席を空けてあげてください。
平日の勉強こそが実力向上の原動力となりますので、できる限り平日での受講をお勧めします。

料金はいずれも税込です。入部金(入会金・入塾金)や設備費はいただきません。
テキスト代は市販本を使用する場合に実費をいただくのみです。
同じ本を自分で準備していただいても構いません。
通う回数が増えるほどにどんどん割安になります。
週1日の月謝が標準とお考えください。週6日だとその6倍となりますが、
そうすると週6日を選択する人が少なくなってしまうと考えられるので、あえて割安にしています。
価値は6倍なので、週6日コースの安さは異常です。
BENBUでは長期休暇でもふだんと同じ料金設定で、特別料金は不要ですので、
週6日、毎日7時間利用し続けてもこの金額です。他塾では絶対にあり得ません。
現在は週6日コースの方向けに、自習室を無料開放しており、
日曜日や、BENBUが開いていない時間帯でも自習室をご利用いただけます。
ただ、自習室の維持には、賃料と光熱水費等で年間に軽自動車1台を購入できるだけの経費が
かかっていますので、無料開放は当面の間ということになります。
月謝の額を決めた当時は吾妻の教室で、自習室はありませんでした。
その後も月謝を据え置いていますので、物価の動向次第で見直す時期がいずれ来ます。

学年は進度にかかわらず実際の学年を基準としています。
終了は22:00ですが、質問がある場合には22:30まで対応します。追加料金は発生しません。
欠席・遅刻されても、その時間分の補講や振替はありません。あらかじめご了承ください。
質問は、勉強内容に限らず、勉強方法や、個人的な相談事など内容を問いません。
カウンセリングは業としていませんが、カウンセリングに関する資格をいくつか取得していますので
ご安心ください。守秘義務は当然に厳守いたします。
授業のある日ない日にかかわらず、いつでもLINE経由で自由に質問をしていただくことができます。
状況により回答までの所要時間は異なりますが、早めに回答します。これまでは、ほぼ1日以内です。
LINE経由での質問のしかたは入部後にお伝えします。
回答の方法は、
カンタンなものであればLINEでの返信コメントで、
少し複雑になるものは紙に書いたものを写真に撮ってLINEで送ります。
講義が必要だと判断したものについては、たとえば、次のように解説動画を作成してそれをスマホ・PCで
見てもらうようにします。次の授業日が近い場合には、授業中で解説する場合もあります。







「システムを詳しく」へ